HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

第35回クラックスを開催しました。

2018.12.17
2018年11月17日(土)第35回クラックスを開催しました。
 今回は、リーダーシップの名著『なぜ、わかっていて実行できないのか(ジェフリー・フェファ、ロバート・I・サットン著/日本経済新聞社刊)』を取り上げました。全米でベストセラーにもなったこの本は、ほとんどの企業が今直面している「知識(設計・計画)と実行のギャップ」、つまり“わかっちゃいるけど、やらない機能不全状態”の対策について、組織行動論の立場から実践的な解決策を示しており、企業経営者にとっては必読のビジネス書であると言えます。
 
 この図書の中で示されている「機能不全」の原因の中でも、ゼミ参加者が特に関心をもったのは、第3章「過去のやり方にこだわり続ける」と第5章「重要でないことばかり評価している」の2つでした。ゼミ参加者の企業はいずれも20年以上の社歴をもつということもあり、これらの問題の解決策についての意見交換は、実践的で大変有意義なものになりました。
2018-12-17 10:05 | クラックス | この記事のURL

第34回クラックスを開催しました。

2018.10.04

2018年9月15日(土)第34回クラックスを開催しました。


今回は、成長戦略の代表的なフレームワークである「PPM」について、サントリーの発展の歴史を教材にして学習しました。われわれが戦略論を教科書で勉強する際には、必ずお目にかかるテーマですが、ほとんどの人が知識としては知っているが、あまりなじみのない理論でもあります。
そこでPPMの考え方の背景にある「プロダクト・ライフ・サイクル」や「経験学習効果」について学んだ上で、キャッシュの需要と創出の関連について学習しました。
ディスカッションでは、ゼミに参加していただいている企業のほとんどが、複数の事業(製品)活動を展開していることから、自社の事業(製品)の位置づけについて様々な意見が出され、大変熱のこもった話し合いをすることができました。
サントリーの事例研究においては、ビール事業の黒字化を実現するまでに49年間も努力をし続けたことと、その根底にある『やってみなはれ』の組織風土についてもいろいろと話し合いました。そこでは、トップのリーダーシップと「理想の姿」を目指して途中で諦めないことの大切さを改めて確認するよい機会ともなりました。

2018-10-04 18:03 | クラックス | この記事のURL

第33回クラックスを開催しました。

2018.07.31

2018年7月14日(土)第33回クラックスを開催しました。


毎年恒例の会社訪問ですが、今年はゼミ参加メンバーであるY社(富山県砺波市に本社。夕食材料宅配ビジネス)を訪問しました。
Y社は、近年単身世帯の増加や共働き世帯の増加という経営環境の変化に適切な対応をとり、業績を伸ばしておられます。また、子育て中の女性が働きやすい職場づくりにおいても、全国のモデル企業として表彰を受けておられることから、参加者全員が大変楽しみにして訪問をさせていただきました。
本社近隣の素晴らしい環境の研修施設において、常務様からの会社の理念・ビジョンについての講話と、社長様からの創業時から今日に至るまでの発展の道筋についてお話をいただきました。その中で特に全員が共感したのは、これまで訪れた何度かの経営の危機に際し、トップが適切な意思決定を行ったことが、今日の繁栄をもたらしているという点です。また、自社の「強み(経営資源)」を適切に活かすことの大切さも、改めて確認できました。
ゼミの開催に先立ち、庄川沿いの鮎料理の食事処において、参加者全員で解禁されたばかりの「鮎の塩焼き」を頬張ったことも、忘れられない楽しい思い出になりました。

2018-07-31 17:53 | クラックス | この記事のURL

第32回クラックスを開催しました。

2018.06.25

2018年5月19(土) 第32回クラックスを開催しました。


  今回は、事例としては古いのですが、ハーバード・ビジネススクールにおいても、日本企業の事例研究テーマの一つとして取り上げられた『日産自動車再生への挑戦』をとりあげました。3人の歴代社長のもとで、8期連続の巨額の赤字に苦しんでいた日産自動車が、仏ルノー社から送り込まれたカルロス・ゴーンによって、わずか3年足らずで劇的なV字回復を遂げることができた理由は。また、カルロス・ゴーンは「コストカッター」と言われているが、本当にコスト削減に成功したことだけが日産自動車の再建が成功した理由であったのか等、いろいろと興味・関心が湧いていくるテーマでした。
 あらかじめ与えられた8つの設問について、各人よりそれぞれについての自分の考えを述べてもらいながら、意見交換の中で学習を深めました。今回の学習で明らかになったことは、カルロス・ゴーンが進めた企業再建は、みごとに経営の原理・原則に沿ったものであったということでした。具体的には、ルノー社との戦略連携のあり方、マーケティング志向(顧客本位の経営)の重要性、現場を巻き込んだ経営改善活動、豊かなコミュニケーションと信頼関係の構築ベースとした組織風土の改革、等々です。特に、今日グローバル化が進むなかで、真の「グローバルリーダー」に求められるリーダーシップのあり方を学ぶ好事例として、参加者全員が大きな知的刺激を受けた機会となりました。

 

2018-06-25 17:24 | クラックス | この記事のURL

第31回クラックスを開催しました。

2018.01.30

2018年1月20日(土) 第31回クラックスを開催しました。

 今回は、政府が進める「働き方改革」の中心テーマの一つである、「同一労働同一賃金」を取り上げました。何故今、「同一労働同一賃金」が求められているのか、その意義や背景について、労働市場の変化や働き方の多様化等と関連づけて理解を深めました。また、2016年12月に政府が示した「同一労働同一賃金ガイドライン案」の内容と、企業経営者として知っておくべきポイントについても理解を深めました。今回の学習を通じて、政府が導入を目指そうとしている欧州型の雇用システムと、これまで日本の経済成長に大きく寄与してきた日本型雇用システムを比較検討することで、改めてわが国における「同一労同一賃金」実現のハードルの高さを再認識することになりました。最近は、非正規社員と正社員の格差問題について、相次いで企業側敗訴の裁判判決が相次いでいることもあり、このテーマについての参加者の関心は非常に高かったようです。

2018-01-30 17:17 | クラックス | この記事のURL