HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

第41回クラックスを開催しました。

2020.02.17

2020年2月15日(土)第41回クラックスを開催しました。

今回は日本生産性本部経営品質協議会が「経営デザインによる生産性向上プログラム」の一環として2018年より新たに創設された「経営デザイン認証」について学びました。企業を取り巻く環境の変化に対応するためには、プロセスイノベーションと組織風土、文化の改革が必要であり、「経営品質」の向上とは「卓越した経営」を目指すことです。

この度ゼミ仲間のK社が「経営デザイン認証」を受けられ、K社長より挑戦しようと思った動機や、認証の取組を通じて得たもの、その後の社内外の変化等、実際の資料も配布いただき、惜しみなくメンバーにお話しいただきました。企業の歴史を振り返り、現状を従業員との対話を通じて正確に捉え、「我々が目指すありたい姿」を実現させるため強い信念をもってお話しされる姿が印象的でした。メンバーからの具体的な質問や、活発な意見交換も尽きることなく、参加者は自社に置き換え、関心は非常に高かったようです。

 

2020-02-17 13:42 | クラックス | この記事のURL