HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

第30回クラックスを開催しました。

2017.12.25

2017年11月25日(土) 第30回クラックスを開講しました。

 今年最後のクラックスは、日本賃金研究センター技術顧問の武内崇夫氏を講師にお招きしました。武内氏は、日本の人事・賃金問題の権威である楠田丘氏(日本賃金研究センター名誉顧問)に長年にわたって師事をされてこられ、これまで40年近くにわたって、大企業から中堅・中小企業に至るまで、幅広く賃金・人事問題の全般にわたって指導をされてこられました。
今回のゼミでは、働き方改革の中心的な課題である「同一労働同一賃金」について、その実現の可能性や課題等について詳しくお話をいただきました。また人事・賃金決定の基本(原理・原則)についても、戦後日本の歴史的な経緯も踏まえて、いろいろと興味深いお話をしていただきました。最近では、「賃金とは何か」といった賃金の本質を議論する風潮が薄れていることから、参加者にとっても、賃金についての考え方・見方を広げ、深める貴重な機会となったようです。また、講義の後の個別の質問についても、武内氏から実践的で示唆に富んだアドバイスがいただけ、大いに意義のある時間を過ごすことができました。
 

2017-12-25 10:08 | クラックス | この記事のURL