HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

第32回クラックスを開催しました。

2018.06.25

2018年5月19(土) 第32回クラックスを開催しました。


  今回は、事例としては古いのですが、ハーバード・ビジネススクールにおいても、日本企業の事例研究テーマの一つとして取り上げられた『日産自動車再生への挑戦』をとりあげました。3人の歴代社長のもとで、8期連続の巨額の赤字に苦しんでいた日産自動車が、仏ルノー社から送り込まれたカルロス・ゴーンによって、わずか3年足らずで劇的なV字回復を遂げることができた理由は。また、カルロス・ゴーンは「コストカッター」と言われているが、本当にコスト削減に成功したことだけが日産自動車の再建が成功した理由であったのか等、いろいろと興味・関心が湧いていくるテーマでした。
 あらかじめ与えられた8つの設問について、各人よりそれぞれについての自分の考えを述べてもらいながら、意見交換の中で学習を深めました。今回の学習で明らかになったことは、カルロス・ゴーンが進めた企業再建は、みごとに経営の原理・原則に沿ったものであったということでした。具体的には、ルノー社との戦略連携のあり方、マーケティング志向(顧客本位の経営)の重要性、現場を巻き込んだ経営改善活動、豊かなコミュニケーションと信頼関係の構築ベースとした組織風土の改革、等々です。特に、今日グローバル化が進むなかで、真の「グローバルリーダー」に求められるリーダーシップのあり方を学ぶ好事例として、参加者全員が大きな知的刺激を受けた機会となりました。

 

2018-06-25 17:24 | クラックス | この記事のURL