HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

2018年度 新入社員「フォローアップ研修」を開催しました。

2018.10.18

2018年度 新入社員「フォローアップ研修」を開催しました。

2018年10月5日(金)に石川県地場産業振興センターにおいて、今春の新入社員を対象とした『フォローアップ研修』を開催しました。本研修は、昨年に引き続き、4月の弊社主催「2018年度 新入社員研修」受講者の特典(無料)として開催されたものです。
6ヶ月ぶりに再会した新入社員たちは、久々に顔を合わせて互いの職場体験を話し合う中で、同期の仲間たちの頑張りを知り、モチベーションを高めていました。

研修内容は『コミュニケーションとチームワーク』『ビジネスマナーチェック』『ロジカル・シンキングを身につける』等をテーマに学習しました。

終了後のアンケートで、ブラザー制度(制度がある会社のみ回答)の有効性を問う質問に対し、70%が「有効」と回答しました。昨年度のアンケートでは、55%が「有効」と回答し、15ポイントもアップしました。更に、ブラザー制度の有無と早期退職の意思の関係についてみると、ブラザー制度のある企業の方が、会社を辞めたいと思ったことがあると回答した人数の割合は低いことが分かりました。ブラザー制度がある企業でも、ただ制度を導入するだけではなく、新入社員に寄り添い、制度をきちんと運用している企業は、社員の定着化に有効と思われます。

 

2018-10-18 15:01 | セミナー | この記事のURL