HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

第37回クラックスを開催しました。

2019.06.04

2019年5月18日(土) 第37回クラックスを開催しました。

 今日、多くの企業の職場(チーム)は、多様な人材で構成される“混成職場”となっています。

そうした状況の中で、組織の共通の目的を実現していくためには、目指すべきゴールや方向性を明確に示すとともに、参加メンバーを的確にリードしていくマネジャー(リーダー)の役割は、以前にも増して重要かつ困難になっています。

第37回クラックスでは、経営環境の変化の中で企業(組織)の変革を進めていくには、リーダー(経営者、管理者)はどのようにしてリーダーシップを発揮する力を獲得していけばよいのかについて、リーダーシップの名著「リーダーシップ論(JPコッター)」を教材にして学びました。

コッターが主張する「リーダーシップとマネジメントの違い」や「組織変革の8段階」について、まず理解を深めました。その上で上司と部下の関係だけにとどまらず、外部ステークホルダーとの関係性づくりを進めていく上での考え方と留意点について学びました。

学習した内容の中では、とくにリーダーシップとマネジメントの違いについて区分するロジックは参加者の腹に落ちる部分が多かったようです。

コッターの主張(変革型リーダーシップ論、サーバントリーダーシップ論)を学んだあと、参加者から自社における実際の組織上の悩みや問題提起をしてもらい、全員で考えや意見を述べあうなどして充実した学習の時間を過ごすことができました。

2019-06-04 11:43 | クラックス | この記事のURL