HOMEセミナー情報/クラックス情報

セミナー・お知らせ

クラックス

エグゼグティブ・ゼミ「クラックス (*) 」は、高い志を掲げて愚直に経営の王道を歩んでいる若手経営者の方々を対象とした、坪内周一(弊社代表)が主宰する「クラブ型」ゼミナールです。当ゼミでは、経営戦略の策定・実行に関するリテラシー(洞察力、構想力、決断力、リーダー・シップ、マネジメントスキルなど)の向上と変革マインドを身につけることを狙いとして、毎回、新聞等で取り上げられた企業の戦略事例を題材に取り上げ、事前の個人研究、講義、意見発表、ディスカッションの形でゼミ運営を進めております。

(*) 「クラックス(Crux)」とは、ラテン語で「南十字星(サザン・クロス)」を意味します。大航海時代、南半球を旅する船乗りたちは、この星座を航行の目印(道標)として、荒波の大海原を渡って行きました。エグゼグティブ・ゼミ「クラックス」は、経営者の方々が経営の舵取りをする際の、指針が得られる「場」であることを表しております。

第40回クラックスを開催しました。

2019.11.20

201911月9日(土) 第40回クラックスを開講しました。

40回クラックスは、日経ビジネススクールの人気講師である河瀬誠氏をお招きして、日経ビジネススクール(東京)と全く同じプログラムで、「新規事業の進め方」について学びました。今回で2回目の登壇となる河瀬講師は、メンバーの名前と顔をよく覚えておられ、休憩時間には親しく参加者と談笑をされるなど、和気あいあいの雰囲気の中での学習会となりました。

研修内容は、今日の経営環境変化の観点から新規事業の重要性や意義について説明があった後、新規事業の成功のポイント進め方(ステップとプログラム)などについて具体的な解説がありました。特に参加メンバーが学んだ点は、新規事業とは新技術や新製品の開発とは異なる、新規事業は既存事業と全く性格が異なっており、ときには対立するものであるという考え方など、目からウロコの話をたくさん聞くことができました。

今回は、実際に新規事業を進めたり、構想を考えている参加者も多く、それらの人にはとくに実務上の悩みや疑問点を解消する絶好の機会となりました。

2019-11-20 11:34 | クラックス | この記事のURL